[高知観光:写真多数!]仁淀ブルーを求めて、にこ淵へ!

旅行

仁淀ブルーを求めて、にこ淵へ行ってきました!

にこ淵ってどうなってるの?所要時間は?注意点は?と思ってる方向けの記事です。

中津渓谷の様子はこちらをご覧ください。

[高知観光:写真多数]透明度抜群の仁淀川!大自然を感じる中津渓谷!雨竜の滝!
仁淀ブルーを見るべく、中津渓谷へ行ってきました!中津渓谷って、どんな感じ?歩くの大変?などを絶景写真付きで紹介したいと思います。概要どんなところ?まず仁淀川は国交省が発表している水質がもっとも良好な河川に5年連続で選ばれた経歴があります。水

 

概要

どんなところ?

とてもきれいな水で、仁淀ブルーを見ることができます!

水神の化身である大蛇が住むとされている神聖な場所です。
そのため、マナーに気を付けましょう。

注意点

にこ淵は神聖な場所かつ、急斜面もあります。
このような看板が立てられていました。
皆さん気を付けましょう!

・遊泳禁止
・ハイヒール禁止
・革靴禁止
・サンダル禁止
・マムシ注意
・アブ・蜂注意
・落石注意
・すべる注意

ここには書かれていませんが、付近での飲食も禁止しているそうです!

ちなみに、私が行った際は、ハイヒールの子がいました。。。見ている私が冷や冷やしました。結構ハイヒールで歩くには危険だと思います。

また、マムシは特に夏場に活発になるので注意しましょう。

実際の写真

こちらが入口です。
駐車場から、少し上ると見えてきます。ここを下ります。

徐々に下っていきます。

 

結構な急斜面です。

 

 

整備前に使用されていたと思われる階段もありました。
整備されて、だいぶ行きやすくなっていることがわかります。

数分歩くと、にこ淵が見えます!

 

アクセスは?

バスでも可能ですが、車がおすすめです。

にこ淵の他に、中津渓谷、安居渓谷もセットで観光した方が楽しめると思います。

所要時間は?

30分程度だと思います。

通常の観光客が、にこ淵まで下りて、写真とって帰る程度であれば、30分程度。
写真が好きな人がじっくり写真を撮る場合でも、1時間みとけば大丈夫だと思います。

おすすめの時間帯は?

太陽が上にある状態の10時~15時頃です!

ちなみに、曇りでも大丈夫?と思っている方がいるかもしれません。
私の写真は15時~16時頃の若干の曇りの日に撮影したものです。
若干の曇りでも、青く見えます。
ただし、私の場合3月に見に行ったこともあり、真っ青よりも少し緑がかって見えます。
それも美しいですけどね!

まとめ

仁淀ブルーがみられます!
神聖な場所、急な坂があるゆえ、様々な禁止事項、注意事項あります!
所要時間は30分程度です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました