[高配当株,再投資なし]高配当株に投資したら,毎月の配当額はいくら?

投資

高配当株を買ったらどの程度の配当金が得られるのだろうか?

と疑問に思っている人向けの記事です.

年間何円分の高配当株を買ったら,毎月いくらの配当金が得られるかを計算しました.

グラフを用いてイメージしやすくしています.

1.条件

毎年,

・50万円
・100万円
・150万円
・200万円

を高配当株に投資したら,毎月どの程度の配当金を得られるのかをシミュレーションしました.

配当金は使うことを前提として,配当金の再投資はしていません.

ここで注意して頂きたいのは,実際の配当金の受け取りには約20%の税金がかかること.

また,高配当株投資の戦略としては,一般的に積み立て投資ではなく,一括投資であること.

さらに,投資額よりも元本が下がる可能性があることです.同様に,上がる可能性もあります.ここでは,単純に毎月○○万円を投資したら,その価値は変わらなかったと仮定しています.

ここに注意して頂いて,実際どの程度でどのくらいの配当金をもらえるのかをイメージしていただけたらと思います.

2.配当利回り3%の場合

 

グラフの見方

横軸:投資をしている年数
左縦軸:投資金額
右縦軸:月々の配当額
棒グラフ:投資額示している(左の軸が値)
マーカー線:月々の配当額(右の軸が値)
例)毎年,200万円(赤線)を高配当株に投資して,20年経過した人の毎月の配当金は10万円

ここで次のことをイメージして頂きたいです.

あなたが,いくら配当金が欲しいのか?いつまでにいくら欲しいのか?

たとえば,配当金で水道光熱費1万円を払いたいと思ったとします.
毎年50万円の投資ですと,毎月1万円の配当金を得るためには11年程度の年月が必要になります.
また,総投資額は500万円程度の投資額が必要になります.

このように,考えてみてください.

3.配当利回り4%の場合

次に配当金4%の場合です.3%よりも毎月の配当額が増えていることがわかります.

 

私は,家賃約5万円程度を10年後くらいに配当金で賄うことができたら良いなと考えています.

すると,毎年100~150万円(計1000~1500万円)の投資を10年近くすることで,月5万円の配当金を得られるようになるというイメージです.

3.配当利回り5%の場合

次に配当金5%の場合です.3,4%よりも毎月の配当額が増えていることがわかります.

 

ここでは配当利回り5%でとどめておきます.

配当利回り5%以上になるとリスクが大きくなり,長期向けの投資にならないと私は考えているためです.

あなた自身の理想とリスク許容度を考えた投資が必要になると思います.

4.まとめ

・配当利回りは高ければ高いほど,月々の配当金は高くなる

・投資額が大きいほど,配当金額に影響がでる

・ただし,配当利回りが大きくなるほど,リスクも大きくなる.

配当金の例
配当利回り5%,毎年200万円の投資
→月10万円の配当金

これを多いと思うか,少ないと思うかは人次第だと思います.

私は,リスクもあり,銘柄選びの必要性もあり,大変なことも多いかと思いますが,

やるだけの価値はあると感じています.

5.免責事項

記事内の数値,計算は慎重に正確に行うよう努めておりますが,情報の正確性・完全性を保証するものではありません.
また,記事を読んで頂いた皆様の一切の行為について,何らの責任を負うモノではありませんのでご了承ください.

コメント

タイトルとURLをコピーしました