[栃木、旅行]あしかがフラワーパークの藤棚が圧巻だった!藤棚の写真の撮り方

写真撮影

あしかがフラワーパークの藤棚の写真を撮ってきました!

どんなところ?
時期はいつが良いのか?
どんな藤棚が撮れるのだろうか?藤棚の撮り方は?
と考えている人向きの記事です!

概要

敷地面積が100,000㎡ となっており、大藤4本と白藤のトンネルが栃木県の天然記念物に指定されています。

春先は藤が有名ですが、冬にはイルミネーションも有名で日本三大イルミネーションに選ばれています。

また、米国CNNで「世界の夢の旅先10選」に選ばれた過去があります。

公式HP
https://www.ashikaga.co.jp/park.html

アクセス

住所:〒329-4216 栃木県足利市迫間町607

所要時間

普通に歩いて回って、1時間程度
余裕をもって、2時間
ご飯を食べたりするなら2~3時間
夕方と夜の部で写真を撮ろうと思うと、3時間以上

って感じだと思います。

藤棚が見れる時期は?

藤は種類によって開花時期が異なります。
自身が見たい種類で選ぶか、多くの種類が見れる時期で選ぶか、などで選ぶとよいと思います。
私のおすすめは、5月初旬です。
一番、多くの藤の時期に被っているかつ、大藤の見ごろの可能性が高いです!
1つ問題があるとしたら、ゴールデンウイークで混んでいるでしょう。

紅藤:4月中旬~4月下旬頃
大藤:4月下旬~5月上旬頃
白藤:5月上旬頃
きばな藤:5月上旬~5月中旬頃

ライトアップ(夜)と昼どっちが良いか?

私はどっちも行ったことありますが、どっちかだけ行けるとなったらライトアップに行きます!
なぜなら、夜間のライトアップが幻想的すぎてうっとりするほど、美しいこと。
また、昼よりも夜間の方が若干、人が少ないと感じたこと。
この2つです。

もし可能であれば、夕方から入り、夜間まで滞在することをおすすめします。
この場合、昼間料金で夜間の部も楽しめます!
ちなみに、原則再入場はしていないようでしたが、30分程度で戻ってくる再入園は許可してそうでした。

夜間と昼のイメージ写真です。

安く入るためには(割引)

・方法1
公式のメール会員になると藤の季節は期間限定で入園料が割引になります。
https://www.ashikaga.co.jp/member/form/mail.html

・方法2
事前にコンビニ前売り券を買うことです。

ご飯

フラワーパーク周辺のごはん屋さんで食べるのも良いですが、せっかくなので、園内で食べることをお勧めします。
藤ソフトや、藤風味を含む蕎麦があります。佐野いもふらいもおいしいです!
こういうところのソフトクリームってたべちゃいますね~おいしいんですよ!

4種類の味を楽しめます。量は成人男性には少し少ないかもしれないので、いもフライやアイスクリームも一緒にどうぞ!

私は佐野いもふらいをはじめてここで食べました!
外はカリッと、中はずっしりホクホクの美味しさに感激しました。

写真の例,写真を撮るコツ!

昼間

大藤をとるなら、広角レンズ、もしくは魚眼がおすすめです。
難しいのは、人気スポットのため、人が結構映り込んでしまうことです。

下から広角で撮る。絶対に人が映らないであろう構図です。
人の流れに注意しつつ、カメラを地面に置いて撮りました。
盗撮と注意されないように注意しましょう。

藤を前ボケに、幹を撮ってみたり、するのもありかと。

引いたり、寄ったりで雰囲気は変わりますね。

落ちている花を撮る

夕暮れ

上手いこと玉ボケできる場所を探すのが、楽しいかもしれません。

夜(ライトアップ)

コントラストを強めて、背景の黒を強調させると不気味さとかっこよさが増すと思います。

逆さにとってみると、下から生えている花のようで不思議ですね。

夜は人が少なく、時期と時間帯によっては、人が映り込まない写真も撮ることが可能だと思います。

水面に映る藤もきれいです。

まとめ

あしかがフラワーパークは、藤が有名で、天然記念物にもなっている!ただ、藤だけではなく、冬にはイルミネーションも有名!

おすすめの時期は、5月初旬!自分の見たい藤の時期に合わせる必要がある。

時間は、夕方から、夜間のライトアップまでいるのがおすすめ!

写真は、広角で撮ったり、ズームで撮ったりと幅広い撮り方ができる!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました