[大学の寮生活]メリットとデメリット ~体験記~

Uncategorized

大学の寮生活に不安を感じている人,そのご両親にむけた記事です.

この記事を読むことで,寮生活のイメージができ,不安がなくなると思います.

私は,中学校卒業後に高専(工業高等専門学校)へ入学し,寮生活を5年間,その後,大学へ編入し寮生活をさらに2年間行っています.計7年間の寮生活を行っています.

高専の寮生活が気になる方はこちらへどうぞ
https://www.kamekame-blog.com/dormitory/

その中で見えてきた,寮生活のメリット,デメリットを紹介します.

ご両親に反対されている方がいれば,メリットの部分をご両親に説明してみたら良いと思います.

1.メリット

・費用が安い

金銭は親御さんにとっては重要な項目であります.

寮生活でかかる金額は,

・家賃(寮代) 約1万円前後
・光熱費    数千円
・食費     約3万円前後
・通学費    無料

実家暮らしできる場合は,実家暮らしの方が安いかと思いますが,多くの場合一人暮らしよりは安くなると思います.(交通費による)

費用が安い分,古かったり,部屋がせまかったりするため注意です.
ただし,住めば都という言葉がしっくりきます.

・友人ができやすい

私はここが一番強く推したいポイントです!

寮の部屋は学年や学科で近いことがほとんどだと思います。
そうすると、自然と話題が合うため、友人になりやすいです。

気づかぬうちに顔見知りとなり,そのうち部屋を行き来する友人になっていました.多くの人がこのような状態になっていたため,自分は大丈夫かなと不安に思う必要はありません!

・課題を一緒にしやすい

大学では、各単位で課題が大量にでることもあります。また、難しい課題もあります。そんな時に、友人が近くいたら一緒に課題をすることができます。

課題提出前は、友人の部屋に集まり、課題が終わるまで一緒にやるという日もありました。

・通学時間が短い

通学時間は講義室まで10分程度でした.一方,通学生は1時間以上かかる人もざらでした.田舎の大学の場合、車がないとしんどい場合もあります。

これによるメリットは

・朝,夜の時間にゆとりがもてる
・勉強時間も確保しやすい
・自由な時間が多い
・通学によるストレスがない
・サークル・バイトの時間も確保しやすい
私が寮生で良かったと思う部分は,自由な時間が多くとれたことです
この時間で何をするかは人それぞれだと思います.
私の場合は,サークル活動,勉強,映画鑑賞に多くの時間を当ててきました.

・勉強のしやすさ

私は寮生活により勉強をする習慣をつけることができました.

私の寮には低学年のうちは夜の1~2時間が自習時間となっており,各自勉強する時間となっていました.この時間のおかけで,勉強を習慣づけすることができました.

また,テスト期間の勉強を通学生と寮生でどのように過ごすか例を示します.

通学生
・交通機関で勉強(友人と帰り道が一緒だとおしゃべりしてしまう可能性)
・家に夜遅く帰って勉強
・朝も早いので,夜遅くまで勉強はできず
寮生
・早く家につき,早くから勉強できる
・夜遅くまで勉強できる
・朝までゆっくり寝れる(朝方,夜型の人は反対の生活も可)
このような環境かつ,テスト期間中にわからない部分などがあれば,勉強のできる友達にすぐ聞けるというのが,とても大きかったです.
一人でもくもく勉強したいタイプ,数人で勉強してわからないところを教え合いたいタイプのどちらもメリットがあると思います.

・少し家事を覚える

一人暮らしの一歩前程度の家事を覚えることができると思います.

私が覚えた家事としましては,

・洗濯
・料理スキル
・部屋の片づけ

洗濯は完全に自分で行うことが多いと思うので,洗濯はできるようになると思います!

自炊は,お金を安く済ませたいと思うと絶対に通れない道です!

2.デメリット

・友人・彼女を招き入れれない可能性

寮には部外者を入れてはいけないというルールがある可能性があります。
そして、次に重要なのが、それを守らなかった場合の処罰と実際どこまで行われているかです。
処罰としては、退寮なのか、始末書なのか、、、、どこまで行われているかというのは、形だけのルールなのか、守られておらずルールはないようなものなのか、、、

入ってみないとわからない部分もありますが、事前に情報を得られると良いでしょう。
事前に雰囲気を知る方法としては、セキリティーレベルを確認するということです。
たとえば、寮管理人さんがずっといるところは、厳しいでしょう。一方、入り口は複数あり、誰でも出入りできるような造りだと、ゆるい可能性が高いです。

ちなみに、私の寮は原則禁止でありましたが、まったく守られていませんでした。

・プライバシーの時間がない

私は低学年まで2人,3人部屋でした.そのため,友人と一緒に暮らすことができ楽しかったですが,プライバシーはなかったと思います.一人の時間を大切にしたいと思う方もいると思います.そういう時は,そのように思う友人と部屋を一緒になるなどの工夫が必要だと思います.

・門限などがある場合がある

大学の寮の場合、門限があるケースは少ないと思います。
しかし、念のために門限があるか確認しましょう。

例外のケースですが、コロナ禍で門限ができた学校があるとも聞きました。

・時には自制心が必要になる

寮生は周りに友人がいて,常に遊ぶことができます.
ただし,学生なので時には勉強をしなければ留年します。
そのため,テスト期間中には遊ぶことを自制して,勉強をする必要があります.

3.人によって感じ方が違うであろう項目

・共同生活

共同生活がつらいと思う人もいれば,共同生活が楽しいと思う人もいます.
どちらの人にしても,共同生活することで,新しい価値観や気遣いといった協調性がはぐくまれると思います.
本当に共同生活がしんどくなったときには,寮生活をやめちゃえば良いくらいの気持ちで,一度寮生活に飛び込んでみていただきたいです.

.食堂の利用

食事の好き嫌いが多い人は,食堂の決まったご飯がつらいかもしれません.
ただし,多くの人には黙っていてもご飯がでる素晴らしいサービスだと思います.

・両親と過ごす時間が減る(ホームシック)

私は,15歳~22歳までを寮暮らしし,23歳から1人暮らしをはじめました.
寮暮らしは,実家暮らししてきた方よりも,両親と過ごしてきた年数が少なくなります.
当時は,ホームシックになることなく,楽しく過ごしてきましたが,大人になった現在は両親ともっと一緒にいるという親孝行をしておけば良かったという気持ちもあります.

寮暮らしいていて,ホームシックになる人も見ましたが,数カ月たてばケロッと何事もなかったようにしている場合がほとんどでした.ホームシックを気にしているお子さんは安心してください!


一方,ご両親の方は寂しく思うかと思います.私の両親も寂しくしていたのかなと思います.しかし,ご両親の方は息子さん・娘さんの夢・成長の一歩目と思って応援していただきたいです.

・セキュリティについて

私の経験上,男性寮はセキュリティが低く,女性寮はセキュリティがとても高いです.
理由としましては,世間や親御さんが求める娘への防犯意識の高さでしょう.それに,学校側も答えていると思います.また,男性寮はもともとあり,女性寮は新しくできた場合も多いと思います.築年数により,セキュリティのレベルがあがっていると思います.

 

3.まとめ

私の体験を交えて,寮生活のメリット,デメリット,その他についてまとめました.

人によっては,メリットがデメリットにもなりえ,その逆もあると思います.

ただし,寮生活という経験があなた,または息子さん・娘さんの大きな経験・成長になるのではないかと思っています.

どうぞ,寮暮らしを不安に思わず,寮暮らしにチャレンジしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました